outoutput

漫画に関する情報まとめ

関連カテゴリー
関連記事

スラムダンク、福井代表・堀高校のモヒカンの名前はスティーブ大滝

post image
衝撃の事実を知った。一コマしか登場していないのにもかかわらず読者に鮮烈な印象を残した『スラムダンク』インターハイ福井代表・堀高校のモヒカン野郎のことだ。連載終了から22年、ついに明かされたモヒカン野郎の真実……!

板垣巴留『BEASTARS』感想〜このマンガがすごい!本当にすごい!

post image
「このマンガがすごい!2018」オトコ編第2位に輝いた板垣巴留『BEASTARS』。今回は『BEASTARS』が1位になると思っていた。それくらいこのマンガはすごい。何がそんなにすごいのか。感想を書きたい。

『キングダム』介億のような存在に、私はなりたい

post image
介億が好きだ。『キングダム』のキャラクターの中で一番好きだ。ダリのような髭にツインテールという異様な風貌の介億だが、実は秦を窮地から救った影の功労者でもある。介億のような存在に、私はなりたい。

スラムダンクのインターハイ優勝校は名朋でも大栄でもなかった

post image
スラムダンク好きなら一度は考えたことがあるテーマ。インターハイで優勝した高校はどこなのか?連載終了から20年の時を経て、ある動画によって新たな真実が明らかになった。名朋優勝派だった私には衝撃だった。

スラムダンク、大栄学園の土屋淳は何のために登場したのか?

post image
スラムダンク最大の謎は何か。大栄学園・土屋淳の存在意義だ。この男はいったい何のために登場したのだろうか。何度も読み返したスラムダンクだが、これだけはよく分からない。土屋について本気出して考えてみた。

TBSテレビ版『カイジ』感想〜優勝のニートチャーハン福田に感動

post image
TBS『人生逆転バトル カイジ』を観た。演出は『水曜日のダウンタウン』でおなじみの藤井健太郎。原作の『カイジ』も大好きだったので実写化は不安と期待が半々だったけど、おもしろかった。感想を書く。

『不滅のあなたへ』3巻・4巻感想〜グーグーとリーンの結末に泣く

post image
大今良時『不滅のあなたへ』が『このマンガがすごい!2018』オトコ編の第3位にランクインした。ランクイン記念で読み直したら、3巻と4巻で描かれるグーグーとリーンの物語に泣いた。何度読んでもイイ。感想を書きたい。

死ぬまでに一度は食べてみたいドラゴンボール飯ベスト3

post image
ドラゴンボールを読み返したら、鳥山明先生の絵はやっぱり魅力的だと思った。特に感動したのが食べ物。最近のグルメ漫画に負けないおいしそうな料理。ジブリ飯ほど話題にならないが、ドラゴンボール飯も忘れてはいけない。

テレビ版カイジのTBS公式サイトの文章に福本成分が足りない

post image
藤井健太郎が演出を手がけるTBSの年末特番『人生逆転バトル カイジ』。カイジをテレビ番組にするという悪魔的発想。すごく期待していたのだが、公式サイトを見てがっかりした。圧倒的不足…!足りない…!福本成分…!

ゴールデンゴールド第3巻、史上最も気持ち悪いシーンに震える

post image
堀尾省太『ゴールデンゴールド』がおもしろい。最新巻である第3巻のあるシーンが衝撃的だった。背筋がゾゾゾっとした。ブルっときた。しばらくのあいだ頭から離れなかった。記憶から消し去りたいと思った。

カイジのスピンオフ『トネガワ』と『ハンチョウ』が悪魔的面白さ

post image
カイジスピンオフの第一弾・中間管理録トネガワが始まったときの衝撃は忘れられない。これはすごい漫画だ、と思った。ハンチョウが出てきたときはどうせトネガワの二番煎じだろ、と思っていたが、やっぱりおもしろい。流行りのグルメ漫画の要素を取り入れてきたあたりもウマイ。

日常で使いたいジョジョ第5部・ナランチャの名言「トリッシュは俺なんだ」

post image
ジョジョの奇妙な冒険、ナランチャの名セリフ「トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」。このセリフはすごい。これほどまでに相手への共感を表す言葉が他にあるだろうか。

スラムダンク、豊玉の金平監督の姿に胸を打たれた

post image
久しぶりに読んでからというもの、スラムダンク熱がふたたび高まっている。水戸洋平は昔から好きだったが、30歳を越えて再読してみたら意外な人物が私の胸を打った。大阪代表・豊玉高校の監督、金平だ。

スラムダンクで一番カッコいいのは水戸洋平だとオレは思う

post image
魅力的なキャラが目白押しのスラムダンク。その中でも誰が一番かっこいいかと言えば、断然、水戸洋平。知る人ぞ知るマニアックなキャラではないし、あえて宣言するようなことでもないが、完全に水戸洋平。

望月峯太郎『座敷女』が怖い…一人暮らしのあなたにオススメの恐怖漫画

post image
「ドラゴンヘッド」や「バタアシ金魚」、「鮫肌男と桃尻女」などで知られる漫画家・望月峯太郎(最近は望月ミネタロウ表記)。彼の初期の傑作が「座敷女」だ。全一巻。引き伸ばしも中だるみもなく、バシッと終わる。本当に心の底から怖い漫画だと思う。

この世に永遠なんてないけど、アカギと鷲巣だけはほぼ永遠

post image
永遠なんて存在しないけど、限りなく永遠に近いものがあるとすればコレだろう。アカギと鷲巣だ。「カイジ」で有名な福本伸行の作品「アカギ」において、二人はお互いに血を取り合う鷲巣麻雀で果てしない戦いを繰り広げている。

池本幹雄『COSMOS』はジャンプ読み切り漫画の歴史的名作

post image
史上最も有名な読切漫画は何か。たぶんコレだ。池本幹雄の「COSMOS」。どれくらい有名かというと、2回掲載されただけのド新人の読切作品なのにWikipediaにページができるくらい有名。