outoutput

邦楽に関する情報まとめ

関連カテゴリー
関連記事

globeの名曲「Perfume of Love」を聴く〜小室哲哉引退によせて

post image
週刊文春の不倫報道を受けて引退表明をした小室哲哉。彼がつくったglobeの「Perfume of Love」は名曲だ。オーソドックスなバンドサウンドながら溢れ出るTK感。どこか影のある歌詞。マスターピース。

ミスチル・桜井和寿のYeahとAhとOhにシビれる名曲たち

post image
Mr.Childrenの魅力の一つは桜井和寿が綴る歌詞であるが、今回は歌詞にならない叫びについて書きたい。「Yeah」とか「Ah」とか「Oh」とか。桜井和寿の叫びには聴く者を昇天させる魅力がある。

ナンバーガール『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』は最高のライブ盤

post image
Zazen Boysの入り組んだ複雑な曲も素晴らしいが、ナンバーガールのシンプルな衝動には何歳になっても抗えない魅力がある。そんなナンバーガールの『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』は最高のライブ盤だ。

Zazen Boysドラム松下敦のスネアの連打に叩きのめされる

post image
Zazen Boysといえばライブである。音源もすごいが、ライブはさらにえげつない。曲者ぞろいのメンバーの中でも柔道二段・松下敦のドラムが特に好きだ。重いバスドラの響きもたまらないが、スネアの連打が最高。

岡崎体育マジで天才説〜名曲「スペツナズ」と「鴨川等間隔」を聴け!

post image
「MUSIC VIDEO」など一発屋感のあるネタっぽい曲やそのMVで知られる岡崎体育だが、この人は実はマジで天才なんじゃないかと思っている。岡崎体育の名曲を2曲紹介したい。スペツナズと鴨川等間隔。

YouTubeのMr.Children公式チャンネルで観る名曲PV

post image
YouTubeをダラダラ見てたらたどり着いたミスチルの公式チャンネルが思いのほか充実した内容だった。昔の曲のPVや、最近のライブ映像がいっぱいある!

けやき坂46・齊藤京子さんのおすすめラーメンのチョイスに惚れた

post image
齊藤京子さんのことが頭から離れない。これは恋なのだろうか。「ラーメン大好き齊藤京子です」という自己紹介フレーズからも分かるように、ラーメンが大好きな齊藤京子さん。そのおすすめラーメンのチョイスが衝撃的。

宇多田ヒカルにとって芸術とは何か?

post image
芸術ってなんなんだろな、と考えながらいろいろ検索したりしてたら、「芸術とは何か?」という質問に対する宇多田ヒカルの答えにすごく納得させられた。やっぱり宇多田ヒカルは天才だ。

中学生に衝撃を与えたミスチルの名曲「Love is Blindness」の歌詞

post image
Love is Blindness。恋は盲目。深海の流れを汲むヘビーでダークな曲調。最初から最後まで張り詰めた緊張感。ミスチルの数ある名曲のなかでもトップクラスに好きだ。

ミスチル「深海」の衝撃〜MdN「90年代CDジャケット特集」を読んで

post image
デザイン雑誌MdNの12月号(11/5発売)の特集は「CDジャケット90年代狂騒史」。最近90年代を思い出しがちな自分にジャストミートな企画。ミスチルの問題作であり自分の一番好きなアルバムでもある「深海」について書いてみたい。

Grapevine「羽根」のイントロが最高に好きだ

post image
ミスチルの昔のPVを見てたら、90年代後半に聴いてた曲が無性に聴きたくなってきた。ああ、好きだったなあ、と思い出したのがこの曲。Grapevineの羽根。1999年8月21日発売。

SMAPファン投票ベスト50曲を見てると悲しくなってくる

post image
SMAPが解散する。今年いっぱいなのであと2ヶ月しかない。紅白にも出るかどうかわからないし、このままだと平常通りのSMAP×SMAPで淡々と終わってしまう可能性も現実味を帯びてきた。

ミスチル桜井和寿もカバーした、乃木坂46「きっかけ」が名曲

post image
ちょっと前のニュースだけど、ミスチルの桜井和寿がライブで乃木坂46の曲をカバーして話題になった。いまさらだけど、ふと思い出して聴いてみたら、これが本当に名曲で泣いた。乃木坂46、きっかけ。