outoutput

M-1グランプリに関する情報まとめ

関連カテゴリー
関連記事

M-1グランプリ2019に見る現代漫才の最適解、ミルクボーイとぺこぱ

post image
2019年のM-1グランプリが終わった。ボジョレーヌーボーのようだが、今年のM-1は近年稀に見る出来栄えだった。中でも、ぺこぱは「世間」が求める漫才の最適解を発見したのではないかと思った。

M-1グランプリ2018感想〜霜降り明星とジャルジャル、審査員について

post image
2018年のM-1グランプリもおもしろかった。いい大会だった。これといって大きなテーマがあるわけではないが、霜降り明星とジャルジャル、そして審査員についての感想を書きたい。

ハライチはM-1グランプリに出場し続けてほしかった

post image
ハライチが2018年のM-1グランプリに出場しないことを発表した。2人の(というか岩井の)思いを尊重したいが、いちファンとしてはハライチにはM-1グランプリに出続けてほしかった……という話を書きたい。

ジャルジャルがM-1グランプリ2017のネタで見せた輝きと課題

post image
2017年のM-1グランプリはジャルジャルを語らずにはいられない。2009年、笑い飯の「鳥人」のように、ジャルジャルの繰り出したネタ「変な校内放送(ピンポンパンゲーム)」は強烈な輝きを放っていた。

Amazonプライムで振り返るM-1グランプリの歴代名作漫才

post image
Amazonプライムで歴代のM-1グランプリが配信されていることに今さら気づいた。観始めるとやめられずに貴重な休日を潰してしまった。おすすめしたい歴代の名作漫才を年別にチョイス。完全なる独断と偏見で選んでまとめた。

カミナリはM-1グランプリ2016で人生を変えた

post image
M-1グランプリ2016で強烈な印象を残したのがダークホース枠のカミナリだった。今大会で人生を変えたのは優勝した銀シャリではなくカミナリだと思う。好みは分かれそうだけど、ブレイクしそうな匂いがプンプンする。