outoutput

お笑いに関する情報まとめ

関連カテゴリー
関連記事

M-1グランプリ2019に見る現代漫才の最適解、ミルクボーイとぺこぱ

post image
2019年のM-1グランプリが終わった。ボジョレーヌーボーのようだが、今年のM-1は近年稀に見る出来栄えだった。中でも、ぺこぱは「世間」が求める漫才の最適解を発見したのではないかと思った。

オードリー・春日俊彰の公開プロポーズはなぜ感動的だったのか

post image
2019年4月18日の『モニタリング』で、オードリーの春日俊彰が長年の恋人クミさんにプロポーズする模様が放送された。これが非常に感動的だった。なにがそんなにも感動的だったのか。

M-1グランプリ2018感想〜霜降り明星とジャルジャル、審査員について

post image
2018年のM-1グランプリもおもしろかった。いい大会だった。これといって大きなテーマがあるわけではないが、霜降り明星とジャルジャル、そして審査員についての感想を書きたい。

ライブで観るサンシャイン池崎は空前絶後のおもしろさ

post image
2018年はライブに行く年にすると決めて、お笑いライブにも音楽ライブにもよく行っている。ライブで観てその凄さに気付いた芸人がいる。サンシャイン池崎だ。その真価はライブで発揮される。

さらば青春の光・森田哲矢はゲスいけど(たぶん)天才

post image
さらば青春の光・森田哲矢はゴシップ大好きな男だが、ただのゲス野郎ではない。森田のネタづくりの才能はすごい。イヤらしい視点から想像力を最大限に発揮してつくられる設定のネタは天下一品だ。

ハライチはM-1グランプリに出場し続けてほしかった

post image
ハライチが2018年のM-1グランプリに出場しないことを発表した。2人の(というか岩井の)思いを尊重したいが、いちファンとしてはハライチにはM-1グランプリに出続けてほしかった……という話を書きたい。

天才に憧れ努力し続ける男、三四郎・小宮浩信

post image
ラジオ『三四郎のオールナイトニッポン0』が面白い。小宮と相田のテレビでは見られないのびのびとしたトークが最高だ。文春オンラインに掲載されていたインタビューに感化されて小宮浩信という男について書いた。

映画『カメラを止めるな!』をまだ観ていないあなたへ

post image
映画『カメラを止めるな!』が非常に面白かったので、『カメラを止めるな!』をまだ観ていないあなたに『カメラを止めるな!』の情報をなるべく知らないまま『カメラを止めるな!』を観てほしい、という私の気持ちを書いた。

千鳥・大悟の恐るべき企画力と正しい目標設定

post image
フジモンと千鳥の『ロング革ジャン対決』がAbemaTVのアーカイブから消えてしまった。もう見られないのが残念で仕方ないが、この傑作の中でも一番すごいと思った千鳥・大悟の発言について書く。

キングコング西野の「ディズニーを倒す」という目標はなぜイマイチなのか

post image
キングコング・西野亮廣は才能に溢れた男だと思うが、「ディズニーを倒す」という目標は曖昧でイマイチだ。ファンだけでなく西野に興味がない人たちにも正しく評価されるためにはもっと明確な目標を提示したほうがいい。

千鳥ノブと椎名林檎に見る「言葉の構造」を創り出す才能

post image
ノブがゲストとして登場したラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』(2018年4月21日)が面白かった。この回でノブが放った言葉に感銘を受けたのでそれについて書きたい。白髪ヒゲ帯ラジオである。

ハライチ岩井のトークは錬金術

post image
「腐り芸人」としてフィーチャーされ若干話題になったものの未だブレイクしたとは言い難い岩井。ラジオ『ハライチのターン!』を聴いていたら、岩井のトークは錬金術師だという結論に達した。

『青春高校3年C組』を見て思う「テレビの終わりと始まり」

post image
2018年4月から始まったテレビ東京『青春高校3年C組』がすごい。MCを務める芸人の豪華な顔ぶれもすごいが、ネットでの配信体勢がすごい。「テレビの終わりと始まり」を感じた。

天才、ロバート秋山竜次の凄さは演技力ではなく観察力にある

post image
ルミネtheよしもとで行われた『ロバート秋山&ポイズン阿部のいかがわしい夜~春分~』を観た。ロバート秋山竜次とPOISON GIRL BAND阿部智則がいかがわしい話をしまくるライブ。秋山の天才性をあらためて垣間見た

野性爆弾くっきー「激似顔マネ(白塗りモノマネ)」という発明

post image
世界三大川島のひとり、川島邦裕(野性爆弾・くっきー)。多才な才能を持つくっきーがインスタやテレビで披露する激似顔マネ(白塗りモノマネ)は本当に激似。モノマネ史に輝く発明だと思う。

ゴッドタン演出・佐久間宣行『できないことはやりません』感想

post image
『ゴッドタン』や『キングちゃん』を手がけるテレビ東京のプロデューサー、佐久間宣行が書いた本『できないことはやりません 〜テレ東的開き直り仕事術〜』。『ゴッドタン』好きにはたまらないエピソードが満載。

東野幸治と西野亮廣の真剣勝負に震えるAbemaTV『エゴサーチTV』#41

post image
キングコング西野亮廣がホストを務めるAbemaTV『エゴサーチTV』第41回(2018年2月16日)が素晴らしかった。ゲストは東野幸治。東野幸治のイジりと西野亮廣のイジられを存分に堪能できる傑作。

ジャルジャルが高校時代にハマっていた芸人とダウンタウンの呪縛

post image
久しぶりにジャルジャルのネタを見て感じたのが、「ジャルジャルのコントや漫才からはダウンタウンの影響をあまり感じないな」ということ。ダウンタウンの呪縛にとらわれていない、と言ってもいい。それはなぜなのか。

抑揚のない太ジーパンを穿く佐久間宣行とオシャレな藤井健太郎

post image
今のお笑い番組を牽引するテレビマンである『キングちゃん』『ゴッドタン』佐久間宣行プロデューサー。千鳥のノブ曰く、抑揚のない太ジーパンに、真っ黒ダウンで敏腕プロデューサーにまったく見えないという。

劇団ひとりに学ぶ「天才の仕事術」

post image
テレビ東京・佐久間宣行プロデューサーのインタビュー記事が面白かった。テーマは、「天才」劇団ひとり。年末年始のテレビ番組を観てたら「劇団ひとりはやっぱり天才だな」と思ったので、それについて書きたい。

『キングちゃん』の冷やし漫才王でNON STYLE・井上を見直した

post image
千鳥がMCを務めるテレ東『キングちゃん』第3シーズンのレギュラー放送が始まった。初回は「冷やし漫才王」。期待に違わぬ面白さだった。特に印象に残ったのが、カミナリとその漫才へのノンスタ井上のコメント。

千鳥はラジオも面白い〜オールナイトニッポンPremium

post image
『千鳥のオールナイトニッポンPremium』(2018年1月5日)が面白かった。千鳥がただ喋っているだけというのはなかなか新鮮。端々にセンスが光るトークが最高だった。千鳥が語る芸人たちの話も必聴の内容。

『めちゃイケ・中居ナイナイ日本一周FINAL』と片岡飛鳥にガッカリした

post image
『めちゃイケ・中居ナイナイ日本一周FINAL』(2018年1月2日放送)とその総合演出・片岡飛鳥に心の底からガッカリしてしまった。あの無茶苦茶な設定はなんだったのか。楽しめなかった理由と感想。

TBSテレビ版『カイジ』感想〜優勝のニートチャーハン福田に感動

post image
TBS『人生逆転バトル カイジ』を観た。演出は『水曜日のダウンタウン』でおなじみの藤井健太郎。原作の『カイジ』も大好きだったので実写化は不安と期待が半々だったけど、おもしろかった。感想を書く。

水曜日のダウンタウン(2017-10-11)に俺ギャラクシー賞を贈りたい

post image
感動した。もしも俺にギャラクシー賞を贈る権利があったなら、ぜひ贈りたい。俺ギャラクシー賞は『水曜日のダウンタウン(2017年10月11日放送回)』で決まりだ。「リアル・スラムドッグ$ミリオネア」と「寝たら起きない王決定戦」の2本立て。

朝日奈央がカメラ目線で歌う『MAMORE!!!』が面白い。惚れた。

post image
けやき坂46のラーメン大好き・齊藤京子さんに惚れていた私だが、新たなる女性に心を奪われてしまった。元アイドリング!!! 15号の朝日奈央さんである。AbemaTVでカメラ目線で歌う朝日奈央さんに惚れた。

ドキュメンタルとウーマンラッシュアワーに思う下ネタと時事ネタと面白さ

post image
『ドキュメンタル』シーズン4のエピソード4で宮迫と井戸田が結構強烈な下ネタを繰り出していた。『THE MANZAI』でウーマンラッシュアワーが披露した時事ネタの漫才とあわせて、感じたことを書いてみたい。

クイック・ジャパン『水曜日のダウンタウン』特集号はファン必読の書

post image
『水曜日のダウンタウン』を愛するすべての人たちに読んでいただきたい本がある。『クイック・ジャパン vol.134』2017年11月号だ。特集のタイトルは「『水曜日のダウンタウン』この番組、こだわりと狂気が紙一重説」。

2018年ブレイクする芸人はハライチ・岩井勇気だと俺は思う

post image
今後、ブレイクする芸人は誰だろうか。ハライチの岩井勇気だ。卓越したフリートーク能力と発想力を持つ岩井がブレイクする日は近い。中堅芸人たちは語る。岩井は雨であり、ローマなのだと。

ラジオ『ハライチのターン!』が面白い。面白すぎて逆に辛い

post image
『ハライチのターン!』をまだ聞いたことがないあなたが羨ましい。できることなら『ハライチのターン!』を知らなかった頃に戻って初回から聞き直したい。そんなことを思ってしまうほど『ハライチのターン!』は最高だ。

『水曜日のダウンタウン』演出・藤井健太郎の悪意とこだわり

post image
TBS『水曜日のダウンタウン』などの演出・プロデュースを務める藤井健太郎。「地獄の軍団」を率いて強烈な個性を放つ番組をつくるテレビマンだ。そんな藤井健太郎が書いた本『悪意とこだわりの演出術』の感想を書く。

東京観光に『ルミネtheよしもと』をおすすめしたい

post image
地方からやってくる友だちや親戚などにオススメするべき東京の観光スポットを考えていたら、『ルミネtheよしもと』はすごくイイのではないかと思った。東京観光に『ルミネtheよしもと』をオススメしたい理由を書く。

ジャルジャルがM-1グランプリ2017のネタで見せた輝きと課題

post image
2017年のM-1グランプリはジャルジャルを語らずにはいられない。2009年、笑い飯の「鳥人」のように、ジャルジャルの繰り出したネタ「変な校内放送(ピンポンパンゲーム)」は強烈な輝きを放っていた。

小松純也と高須光聖が松本人志に訊く「ドキュメンタルとは?」

post image
Amazonプライムで配信されている『Documentary of Documental』を観た。松本人志やプレイヤーたちへのインタビュー(Chapter 1)と、初公開となるパイロット版・幻のシーズン0(Chapter 2)の二本立て。

Amazonプライムビデオで振り返るモヤモヤさまぁ~ず名場面

post image
Amazonプライムビデオの「最近追加されたTV番組」に「モヤモヤさまぁ~ず2」が!深夜時代を中心にたっぷりと公開されている。この機会にあらためてモヤモヤさまぁ~ずの名作回・名場面を振り返りたい。

『ルミネtheよしもと』で人気芸人のネタを生で見て感動した

post image
新宿にある吉本の劇場『ルミネtheよしもと』に行った。千鳥やキングコング、ウーマン、野性爆弾ほか人気芸人だらけのステージ。おもしろかった!舞台に近い座席で見る生の芸人の輝きに感動した。

スーファミ世代は今すぐに山里亮太の不毛な議論(2017-10-11)を聴け

post image
山里亮太の不毛な議論(2017-10-11)を聴いた。ハガキテーマは「おすすめのスーパーファミコンソフト」。これがスーファミ世代(30代くらい?)にクリティカルヒットの内容だった。中でも最高だったのが山ちゃんによるスーファミソフトの効果音モノマネ。秀逸。

キングオブコント2017の審査に見る、現役コント師たちの本音

post image
にゃんこスターの衝撃が未だ冷めやらぬキングオブコント2017。芸人でもなんでもない、いち視聴者から見ても今回の最終順位は妥当な結果だったと思う。裏の主役ともいえる審査員たちについて書きたい。

にゃんこスター・アンゴラ村長の暇アフタヌーン時代のネタを観た

post image
キングオブコント2017を制したのは、かまいたち。納得の優勝だった。が、今大会最大のトピックはなんといってもにゃんこスターの登場だろう。アンゴラ村長の前のコンビ・暇アフタヌーンのネタをYouTubeで観た。

Amazonプライムで振り返るM-1グランプリの歴代名作漫才

post image
Amazonプライムで歴代のM-1グランプリが配信されていることに今さら気づいた。観始めるとやめられずに貴重な休日を潰してしまった。おすすめしたい歴代の名作漫才を年別にチョイス。完全なる独断と偏見で選んでまとめた。

AbemaTV『日村がゆく』のSM女王様vs催眠術師に感動

post image
AbemaTVがおもしろい。腕のある芸人さんたちがのびのびとやっている番組がいい。最近のイチオシが「日村がゆく」。SMの女王様 vs 催眠術師という夢の対決に感動した。

松本人志「ドキュメンタル」の総合演出があの小松純也だった

post image
松本人志「ドキュメンタル」の第一回が公開されたのでさっそく見た。まだルール説明と出演者紹介がほとんどで、ここからどれくらい面白くなるのかは未知数だけど、最後のスタッフロールを見て、俄然、期待が高まった。総合演出が小松純也だったからだ。

ドキュメンタル・シーズン3、オードリー春日の皮ネタが衝撃的

post image
2017年8月16日にAmazonプライムビデオにて公開された、ドキュメンタル・シーズン3のエピソード3。オードリー春日の繰り出した皮ネタがあまりにも衝撃的だった。冗談抜きで観ていたPCの前で悶絶した。

AbemaTV、千鳥とフジモンのロング革ジャン対決がもはや伝説

post image
今一番おもしろい芸人は誰か?千鳥だ。大悟もノブもワードセンスが素晴らしく、いちいち面白い。冠番組のキングちゃんも面白いが、動画を観て衝撃を受けたのがAbemaTVのFUJIWARAフジモンの番組「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」。

さまぁ~ず大竹が語った羊と狼の映画「チリンの鈴」

post image
2016年12月9日(12月8日深夜)の「さまぁ~ず×さまぁ~ず」で大竹が気になる映画の話をしていた。狼に育てられた羊の話。気になったので調べてみたら、やなせたかし原作のサンリオのアニメ映画「チリンの鈴」のことだった。

ハリウッドザコシショウって、ザ・小師匠、雑魚師匠、どっち?

post image
長年気になっていることがあった。R-1ぐらんぷり2016の覇者であり、「ハンマーカンマー」という謎の言葉を連呼する古畑任三郎などの過剰なモノマネで知られるハリウッドザコシショウのことだ。ハリウッドザコシショウという名前は、どこでどう区切ればいいのか。

カミナリはM-1グランプリ2016で人生を変えた

post image
M-1グランプリ2016で強烈な印象を残したのがダークホース枠のカミナリだった。今大会で人生を変えたのは優勝した銀シャリではなくカミナリだと思う。好みは分かれそうだけど、ブレイクしそうな匂いがプンプンする。

ダウンタウン・アニメデモミー賞は思い出し笑いするぐらいの傑作

post image
「アニメデモミー賞」のことは今でも強烈に覚えている。どういう経緯でダウンタウンがアニメを担当することになったかは分からないが、テーマが何であれおもしろい番組を作ってやる、というダウンタウンとスタッフの心意気が感じられた。

モヤモヤさまぁ~ず、卒業した狩野アナへのメッセージに涙

post image
今更ながら、録画してたモヤモヤさまぁ~ずの狩野アナ卒業スペシャルを見た。放送日は2016年10月16日。もう半月ぐらい前。リアルタイムではスター名鑑を見てた。ここしばらくずっと最後最後って言ってたけど、今回が本当に狩野アナの最後。