outoutput

Mura Masaのライブ@恵比寿LIQUIDROOMが最高だった

スポンサーリンク

Mura Masa、最高

UKの若き天才ミュージシャン、Mura Masa。

単独では初となる来日公演に行った。2018年1月5日、恵比寿リキッドルーム。

良かった!

M1グランプリ一組目後の上戸彩のコメント風に言うのならば、現時点で第一位。2018年ベストライブ。

新年早々にもかかわらず、チケットは売り切れで満員。盛り上がりまくりだった。

セットリスト

セットリストは以下の通り。

  1. Messy Love
  2. Nuggets
  3. If It Ain't You
  4. 1 Night
  5. Nothing Else!
  6. Helpline
  7. All Around the World
  8. Lotus Eater
  9. Hell
  10. Low
  11. Night Swimmers (Foals cover)
  12. Are U There?
  13. Second 2 None
  14. Who Is It Gonna B
  15. What If I Go?
  16. Love$ick
    (Encore)
  17. Blu
  18. Firefly

デビューアルバム『Mura Masa』からの曲が中心。

Mura Masa
Mura Masa
Downtown (2017-08-17)
売り上げランキング: 2,951

セットリストは以下のサイトを参考にした。setlist.fmはアンコールの曲順が間違ってると思う。

渋谷陽一が来てたんですね。新人のライブもしっかり観てるのはエライな。

Mura Masaのマルチプレイヤーぶりがスゴい

すごかったのが、Mura Masaのマルチプレイヤーっぷり。

ドラム、ギター、キーボード、鉄琴(木琴?)など多彩な楽器を演奏しまくり、ところどころ自分でも歌うという無双状態。多才で多彩。

DJ / トラックメーカーのライブに行くと「音源流してるだけじゃねえか」みたいなことも多いが、今回のMura Masaはものすごいライブ感だった。

当然、ベースとなっているのはあらかじめ録音された音源なんだけど、そこにライブのドラムやギターが加わるだけで一気にエネルギーが注入される感じ。

生で見ると若いというより幼い感じすらするMura Masa(1996年生まれ!)なのに、堂々とした姿にシビレた。

BonzaiとFlissのボーカルがアツい

サポートとして参加していた二人の女性ボーカル、BonzaiとFlissも良かった。Mura Masaの演奏にさらにアツさを加えていた。

Bonzai

Bonzaiはアルバム『Mura Masa』でも「What If I Go」や「Nuggets」でフィーチャーされていたMura Masaの盟友。

この動画の人。歌ウマイ。

Fliss

そしてFliss。

音源には(たぶん)参加していないが、ライブではおなじみ。

今回は「1 Night」で登場。出てきた時に「えっ、まさかCharli XCX来たの?」的な感じで会場が盛り上がってしまっていたのはご愛嬌。

引き締まった体でステージの端から端まで動きまわり歌い踊る姿が最高にカッコ良かった。

この動画の感じ。

ちなみに、今回のライブはシンプルなライティングも良かった。逆光のときのFlissのシルエットが美しかった。

参考動画

『Mura Masa』発売時のロンドンBoiler Roomでのライブ(リリースパーティー?)がYouTubeにアップされている。50分。

演奏するMura Masaも、歌うBonzaiも、踊るFlissも観れるので、ライブに行けなかった人は是非チェックしていただきたい。

これからのMura Masaに目が離せない

ライブを観てあらためて思った。

Mura Masaはすごい。

これからもっとビッグな存在になっていくと思う。なにしろまだ若いし、伸びしろは果てしない。

2017年の年間ベストみたいなランキングではほとんど見かけなかった『Mura Masa』だけど、グラミー賞のBEST DANCE/ELECTRONIC ALBUMにノミネートされている。

ちゃんと評価されているようで何より。

今後はプロデューサー的な仕事が増えるのか自分の音源をどんどんリリースするのか分からないけど、いずれにせよ目が離せない。

楽しみ。

こちらもどうぞ
スポンサーリンク
関連カテゴリー
関連コンテンツ
関連記事
post image

村正の如き切れ味! UKの若きプロデューサーMura Masa

post image

細かすぎて伝わらない、自分だけが好きなあの曲のあの瞬間

post image

Four Tetライブ@恵比寿LIQUIDROOM感想〜緻密で繊細で獰猛

post image

The Rootsの「クエストラブのドラムが最高な名曲」3選

post image

実は泣ける!エミネムの「娘に向けた名曲」おすすめ3選

post image

Frank OceanのSNLでのパフォーマンスが上質

post image

Logic「1-800-273-8255」、MTV VMA2017でのパフォーマンスに感涙

post image

コペンハーゲンの女性デュオSmerzがイイ