outoutput

RAC「Hollywood (ft. Penguin Prison)」の切ない音色にひたる

スポンサーリンク

Google先生がオススメしてくれた名曲

Google Play Musicで「ラジオを起動(Start Radio)」を駆使してレコメンドしてもらった楽曲を聴いていたら、一瞬にして耳を奪われた。

Google Play Musicのレコメンドについては以下の記事参照。

Breakbotの「A Mile Away」から「ラジオを起動(Start Radio)」したときにGoogle先生がオススメしてくれたのがこの曲。

RACの「Hollywood (ft. Penguin Prison)」。

はじめの歌声から気持ちいい

まあ、まずは聴いてみてくださいよ。騙されたと思って。聴くだけならタダなんだから。

本当に騙されたと思ったらスミマセンと言う以外にないんだけど。

どう?聴いた?まだ聴いてない?聴いてよ。

気持ちよくないすか?

I'm not telling you again what you need
RAC – Hollywood Lyrics | Genius Lyrics

という出だしのそっけない歌詞とは裏腹に、耳を掴んで離さない歌声。

少ない音数だけど、無駄のない美しさを感じさせるトラック。サビのあとの切ないフレーズ。

イイ!!
好きだ!!

RACとは何者か?

RACさんもフィーチャリングされてるPenguin Prisonさんも知らなかったので調べてみた。

RAC is the solo indie-electronic, Grammy winning project of André Allen Anjos. RAC created more than 200 remixes in the rock, electronica, and dance music remixes for various musical artists, with its work features on ads from Citigroup and Hulu, among others. RAC (musician) - Wikipedia

RACはポルトガル出身のAndré Allen Anjosのソロ・プロジェクト。CitigroupやHuluの広告に使われたこともあるとのこと。

2017年のグラミー賞「Best Remixed Recording」を受賞したらしい。すごいな。

グラミー賞を受賞したのはこちら。Bob Moses「Tearing Me Up (RAC Mix)」

これもいいね。物憂げな感じがシャレオツ。

知らない音楽はまだまだ山ほどあるんだよ

こういういい出会いがあると、知らない音楽、聴いたことのない音はまだまだ山ほどあるということを思い知らされる。音楽に限らず、自分の知ってる世界なんてごくごく小さい範囲でしかないんだな。当たり前か。

Google Play Musicでも、Spotifyでも、Apple Musicでもなんでもいい、なんならYouTubeでもいいんだけど、多種多様な音楽にアクセスできる環境というのは本当に素晴らしい。時間がいくらでもあった頃に、そんな環境にいたらどうなっていたんだろう。

CDを買ってきてコンポに入れて再生するまでの焦らされたようなワクワク感も確かにいい。今この状況だからこそアナログ盤で音楽としっかり向き合いたい、という気持ちも分かる。

それでも自分は、聴き放題のストリーミングサービスが隆盛を極めている状況を肯定したい。音楽家に真っ当な対価が支払われているのであれば、という条件付きではあるけども。

俺達の音楽体験はこれからだ!

こちらもどうぞ
スポンサーリンク
関連カテゴリー
関連コンテンツ
関連記事
post image

コペンハーゲンの女性デュオSmerzがイイ

post image

Four Tetライブ@恵比寿LIQUIDROOM感想〜緻密で繊細で獰猛

post image

村正の如き切れ味! UKの若きプロデューサーMura Masa

post image

ジャスティン・ビーバーのライブが口パクとかそういうレベルを超越

post image

細かすぎて伝わらない、自分だけが好きなあの曲のあの瞬間

post image

Mura Masaのライブ@恵比寿LIQUIDROOMが最高だった

post image

Frank OceanのSNLでのパフォーマンスが上質

post image

Logic「1-800-273-8255」、MTV VMA2017でのパフォーマンスに感涙