outoutput

野性爆弾くっきー「激似顔マネ(白塗りモノマネ)」という発明

post image
世界三大川島のひとり、川島邦裕(野性爆弾・くっきー)。多才な才能を持つくっきーがインスタやテレビで披露する激似顔マネ(白塗りモノマネ)は本当に激似。モノマネ史に輝く発明だと思う。

ゴッドタン演出・佐久間宣行『できないことはやりません』感想

post image
『ゴッドタン』や『キングちゃん』を手がけるテレビ東京のプロデューサー、佐久間宣行が書いた本『できないことはやりません 〜テレ東的開き直り仕事術〜』。『ゴッドタン』好きにはたまらないエピソードが満載。

おぎやはぎが『メガネびいき』で食べていた、どん兵衛+日本酒を試す

post image
TBSラジオ木曜JUNK『おぎやはぎのメガネびいき』(2018年2月22日25時〜)でおぎやはぎの二人が、どん兵衛のちょい足しアレンジを試食していた。どん兵衛 + 日本酒(大さじ一杯)である。

globeの名曲「Perfume of Love」を聴く〜小室哲哉引退によせて

post image
週刊文春の不倫報道を受けて引退表明をした小室哲哉。彼がつくったglobeの「Perfume of Love」は名曲だ。オーソドックスなバンドサウンドながら溢れ出るTK感。どこか影のある歌詞。マスターピース。

東野幸治と西野亮廣の真剣勝負に震えるAbemaTV『エゴサーチTV』#41

post image
キングコング西野亮廣がホストを務めるAbemaTV『エゴサーチTV』第41回(2018年2月16日)が素晴らしかった。ゲストは東野幸治。東野幸治のイジりと西野亮廣のイジられを存分に堪能できる傑作。

ミスチル・桜井和寿のYeahとAhとOhにシビれる名曲たち

post image
Mr.Childrenの魅力の一つは桜井和寿が綴る歌詞であるが、今回は歌詞にならない叫びについて書きたい。「Yeah」とか「Ah」とか「Oh」とか。桜井和寿の叫びには聴く者を昇天させる魅力がある。

ジャルジャルが高校時代にハマっていた芸人とダウンタウンの呪縛

post image
久しぶりにジャルジャルのネタを見て感じたのが、「ジャルジャルのコントや漫才からはダウンタウンの影響をあまり感じないな」ということ。ダウンタウンの呪縛にとらわれていない、と言ってもいい。それはなぜなのか。

楽天カードの限度額が勝手に増枠された。ふるさと納税のおかげ?

post image
ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)につづき、楽天カードの限度額が勝手に増枠された(自動増枠)。思い当たるのは楽天ふるさと納税。楽天ふるさと納税の分の支払いが自動増枠のきっかけになったっぽい。

板垣巴留『BEASTARS』感想〜このマンガがすごい!本当にすごい!

post image
「このマンガがすごい!2018」オトコ編第2位に輝いた板垣巴留『BEASTARS』。今回は『BEASTARS』が1位になると思っていた。それくらいこのマンガはすごい。何がそんなにすごいのか。感想を書きたい。

『キングダム』介億のような存在に、私はなりたい

post image
介億が好きだ。『キングダム』のキャラクターの中で一番好きだ。ダリのような髭にツインテールという異様な風貌の介億だが、実は秦を窮地から救った影の功労者でもある。介億のような存在に、私はなりたい。

スラムダンクのインターハイ優勝校は名朋でも大栄でもなかった

post image
スラムダンク好きなら一度は考えたことがあるテーマ。インターハイで優勝した高校はどこなのか?連載終了から20年の時を経て、ある動画によって新たな真実が明らかになった。名朋優勝派だった私には衝撃だった。

スラムダンク、大栄学園の土屋淳は何のために登場したのか?

post image
スラムダンク最大の謎は何か。大栄学園・土屋淳の存在意義だ。この男はいったい何のために登場したのだろうか。何度も読み返したスラムダンクだが、これだけはよく分からない。土屋について本気出して考えてみた。

ナンバーガール『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』は最高のライブ盤

post image
Zazen Boysの入り組んだ複雑な曲も素晴らしいが、ナンバーガールのシンプルな衝動には何歳になっても抗えない魅力がある。そんなナンバーガールの『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』は最高のライブ盤だ。

抑揚のない太ジーパンを穿く佐久間宣行とオシャレな藤井健太郎

post image
今のお笑い番組を牽引するテレビマンである『キングちゃん』『ゴッドタン』佐久間宣行プロデューサー。千鳥のノブ曰く、抑揚のない太ジーパンに、真っ黒ダウンで敏腕プロデューサーにまったく見えないという。

劇団ひとりに学ぶ「天才の仕事術」

post image
テレビ東京・佐久間宣行プロデューサーのインタビュー記事が面白かった。テーマは、「天才」劇団ひとり。年末年始のテレビ番組を観てたら「劇団ひとりはやっぱり天才だな」と思ったので、それについて書きたい。

スマートスピーカーGoogle Home Miniがテレビの声に反応して困る

post image
『さまぁ~ず×さまぁ~ず』を観てたら、Google Home Miniにイラッとした。「OK Google、なぞなぞを出して」テレビの中の三村が電器屋の店員を真似てそう言った瞬間、なぞなぞ地獄が始まった。

Zazen Boysドラム松下敦のスネアの連打に叩きのめされる

post image
Zazen Boysといえばライブである。音源もすごいが、ライブはさらにえげつない。曲者ぞろいのメンバーの中でも柔道二段・松下敦のドラムが特に好きだ。重いバスドラの響きもたまらないが、スネアの連打が最高。

『キングちゃん』の冷やし漫才王でNON STYLE・井上を見直した

post image
千鳥がMCを務めるテレ東『キングちゃん』第3シーズンのレギュラー放送が始まった。初回は「冷やし漫才王」。期待に違わぬ面白さだった。特に印象に残ったのが、カミナリとその漫才へのノンスタ井上のコメント。

Logic「1-800-273-8255」、MTV VMA2017でのパフォーマンスに感涙

post image
アメリカのラッパーLogicがMTV Video Music Award 2017で披露したパフォーマンスが良かった。曲目は3rdアルバム『Everybody』から「1-800-273-8255」。アメリカの自殺防止ホットラインの電話番号。

千鳥はラジオも面白い〜オールナイトニッポンPremium

post image
『千鳥のオールナイトニッポンPremium』(2018年1月5日)が面白かった。千鳥がただ喋っているだけというのはなかなか新鮮。端々にセンスが光るトークが最高だった。千鳥が語る芸人たちの話も必聴の内容。